【通過率99%で200万円!】超激アツな助成金でブログ集客の仕組みを作ろう。

Pocket
LINEで送る

宣伝費用、集客費用の捻出のための支援金といえば「小規模事業者持続化補助金」が有名です。

これは2/3を負担してくれるというもので全額が出るわけではありませんでした。

しかも上限は50万円です。

また選抜方式なので全ての事業者が貰える補助金ではありません。

これよりも、もっとアツいのが「キャリア形成助成金」です。

 

キャリア形成助成金とは

キャリア形成促進助成金とは、事業主が雇用する労働者のキャリア形成を推進するために設けた制度に対して支給される助成金のことです。

オススメの制度は5つあり、1制度の導入あたり、50万円の助成金がもらえます。
各々の制度ごとに助成金が支払われますので、複数の制度を同時に導入する企業が一般的です。

一社で、150万円〜200万円をもらうケースが多いのです。

なお、申請には専門家(社労士)を通して行わなければなりません。

 

しかしながら、実際に社労士で「キャリア形成助成金」に携わっている人は全体の1割だといわれています。

社労士にとっては、面倒な業務であるから、社労士があまりオススメしないという現状があるようです。

 

助成金は通年募集

通年募集ではありますが、制度導入から評価実施までの期間が必要です。
助成金の支給は、申請から約9ヶ月と考えておいてください。

だからといって、「支給されてからウェブ集客の仕組みを作る」では遅いです。

確実に支給されるタイプの助成金ですし、ウェブ集客の仕組み構築には3ヶ月〜半年かかりますので、着手は早いに越したことはありません。

このページを読んだ人は、すぐにでもトライして欲しいものです。

 

申請通過率は99%。でも時間はかかる。

きちんと制度を作れば支給されるものですから、よほどの悪徳企業でないかぎり、取り逸れることはありません。

厚生労働省から見れば、雇用の維持や、労働環境の改善、キャリア形成が目的なので、企業側がちゃんとしていれば、非常に手厚いのです。

 

助成金と補助金の違いとは

 

「助成金」は厚生労働省の管轄の支援金です。
「補助金」は主に経済産業省、地方自治体の管轄の支援金です。

ともに返済義務はありません。

「助成金」は条件にあえば全社に支給されます。
目的は、従業員の待遇改善や雇用の創出などで、雇用保険を払っている企業が対象です。

「補助金」は書類選考で選抜形式です。つまり漏れることがあります。

 

雇用をしている企業が対象です。

 

個人事業主は、雇用しているわけではないので、助成金をうけることができません。

※「小規模事業者持続化補助金」は個人事業主もうけられる支援制度です。

 

集客の仕組み構築は助成金で!

 

ブログ開設やメルマガ開設をしただけでは集客の仕組みを作ることはできません。

有用な記事を大量に作成しなくてはアクセスが集まらないですし、無料PDFなどのプレゼントを用意することでリスト獲得を促進することができるでしょう。

また広告費の使うこともビジネスを加速することができます。

こんな時にぜひ活用していただきたいのが「助成金」なのです。

労働環境を改善し、売上もあがるので一石二鳥の活用法といえましょう。

 

助成金申請も代行します。

 

補助金の申請から、あなたのビジネスに最適化された自動集客の仕組みの構築までをワンストップで提供します。

申請業務は、これまで実績のある弊社提携コンサルタント(社労士)が行います。
(他にもたくさんの「助成金・補助金」がありますので、あわせてのご提供も可能です。)

例えば、150万円かけて仕組みを構築し、半年で1000リストを獲得、1000万円の売り上げるといった仕組みを作るとします。

うまく制度を作れば、助成額200万円がもらえますので、50万円のお釣りをもらいながら1000万円の売上増を達成することができます。

 

その後は自分でメンテナンスすれば、余計なプロモーション費用はかかりません。

集客の仕組みの構築のゴールは、「集客で悩まないこと」です。

ご興味ある方はこちらにお問い合わせください

 

【無料PDF】助成金で自動集客の仕組みをつくる5つの方法

今まで通りコツコツやりますか?
それとも短期間で一気に集客の仕組みを作り上げますか?

申請した99%の会社が平均150万円を獲得した助成金についての解説します。
時間は取り戻せません。今だけプレゼントの無料PDFです。

【無料PDF】助成金で自動集客の仕組みをつくる5つの方法
プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です