IPOしたもん勝ちだ!(粋な勉強会講義録)

Pocket
LINEで送る

ディスカッションの最後の方で尾下さんは、きっぱりといった。
株式公開企業の社長は日本に4000人くらいしかいない。
狙えるものであれば狙ったほうがいい。

社員から住宅ローンが通ったと喜ばれた。
採用が楽になった。
クォーター毎のIRは、あたまの整理になる。
増資の時だけにプレゼンすればよかった未上場のときよりも、鍛えられる。
コンプライアンスにもむきあえ、確実に会社の環境はよくなる。

「創業者たちよ、ひるんでるばあいじゃないぞ」とも聞こえた。

尾下さんは創業者ではなく、きづいたらエフルートの社長、
また気づいたら、アクセルマークの社長となっている。

はたから見ると、エフルートのときは自分の信念としての
「モバイルの未来」を提唱しているように見えたが、気負いがあったのかもしれない。

いまのアクセスマークの尾下さんは、たんたんとゲームビジネスをきちんとまわしていて、
むしろ今の方がよりナンバー2的で、はたからみて自然体である。

「創業者の思いなんて知ったことじゃない。目の前のビジネスをまわすのが俺の仕事なんだよ」
という悟りに近いものすら感じる。
「IPOしたもん勝ちだ!」というのは、
アクセルマークは公開企業だから、なんとかしなくちゃという動きがあったとふりかえっての言葉だった。

尾下さんは、常に注意深く観察して、つきつめて答えを探求しているようなところがあある。
質問に対して「経営陣が一枚岩で、社員に対してドライでいること。」など、答えがあったかのようなフレーズがでてくる。
たとえばこれがクルーズ社のすごさの表現だ。

ナンバー2というのは、いびつな創業者の欠陥やいいところのデコボコしたところを丸く調整するような存在という。
のらりくらりと自分をかえることができるんだと。そのノリで2代目社長業ひきうけますって感じなのだろう。

また会社の成長については、急激な採用など背伸びしている瞬間はつまさきが立ってプルプルしているのだが、
それになれていると、かかとがついて、かつての苦しかったことを忘れる、この繰り返しだと。

何回も自問自答したんだろうなというぐらい、比喩表現がうまい。

自分が経営している会社も俯瞰してるようなことがあるし、
他人の会社においても、わがごとのようにのめりこむようなところもある。

尾下さんにとって、会社が誰のものとか、どうでもいいんだよな。
ただただ、ひとをひきつけて、鼓舞して、事業を当てるということだけに興味があるのだろう。

尾下さんたちは、経営者仲間であろうと、社内のコアメンバーだろうと、結構、下の名前でよびあう。
男の名前をよぶなんて恋人じゃないんだから、気持ち悪くも見える。

でも、そのノリのなかに、上下とか枠組みとかを飛び越えるフラットな空気をつくっているようにも思える。
会社は箱でしかない。その会社の世界がすべてではないと悟っているかのように。

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*