経営の仕方は100人100用。自分にあった方法でやる。(クラリスの会講義録)

Pocket
LINEで送る

鉢嶺登氏(オプト代表)をゲストに迎えた第1回クラリスの会の講義録です。

起業を思いついたのは中学の時から。

鉢嶺さんが森ビルを辞めたときは貯金80万円。
友達5人で300万円あつめて起業しました。

初年度の売り上げは150万円。
にもかかわらず、2年目VCから1000万円を調達。
「キミは逃げそうもないと思ったから」というのがその理由でした。

今までつらかったことは二つ。

一つ目は創業以来5年間、一向に利益がでなかったこと。
土日もなく、24時間一生懸命やっているのにどうにもこうにもうまくいかない。
社長に向いてないんじゃないかと、悩んだそうです。

自分はビジョンを伝えることには長けているが、
実行面には向かない。だから適任者を見つけては任せていた。
しかし、それもうまくいかなかったそうです。

この悩みは海老根さんの登場で消えます。
ぐんぐんと業績を伸ばすこととなりました。

次の悩みは、まさにここでのジレンマでした。
「エビに任せているから、俺は口出しはしない。」
でも、起業家としては自分が現場に降りて直接手を出したい。

オプトの快進撃と裏腹に2年の悩んだ日々。

稲盛和夫氏のセミナーなどいろいろ顔を出しては、相談を乞うという日々でした。
ナンバー2が会社を盛り上げている例は稀ですから、
解決策があったわけでもなく、自分の考え方で折り合いをつけたそうです。

そうして、行き着いたのは、
「経営の仕方は100人100用。自分にあった方法でやる。」ということ。

起業時のアドバイスももらいました。
事業を次々と立ち上げようとせず、できる限りフォーカスして
一点突破をすること。

そのためにはとにかく儲けること。
受託でもいい。どこまでいったら、新しい手を出すか決めておくこと。

起業メンバーの合宿のススメ。

オプトの創業メンバーは当時、
会社としての夢と、個人の夢。それぞれに対して語り合ったそうです。
こうしてたどり着いたのは、「3年後に上場しようぜ」。
これをきっかけにメンバーの気持ちが一つになったようです。

人材については、早期からの新卒採用と、中途採用は起業予備軍をというアドバイスでした。

固定概念のない染めやすい人材で企業体としてのまとまりを求める一方で、
いづれ卒業してもいいからコミット意識の強い人材で事業発展を図るという、
面白いポートフォリオ設計です。

辞めてもらうのも経営者の責任

人材登用のミスジャッジについては、「辞めてもらうのも経営者の責任」。
入れるのも出すのも、経営者が責任を持つ。
創業まもなくの場合、どうしても情念がはたらきますから、
先輩の声は、各パネラーにも刺さったことでしょう。

講演も終盤にさしかかるとき、
鉢嶺さんは、面白いエピソードをしゃべろうと切り出しました。

4つの事業を1つにしぼる。

ITバブル崩壊を受け、オプトの当時の4つの事業を、
1つにしぼるという局面がありました。

経営ボードの出した結論は、
「ネットの不動産会社をやる」ということ。

しかしながら株主総会で、大激論がおこりました。
結論がどうなったかというのは周知の通りです。

居合わせたメンバーは「こんな株主総会は初めてだ。」と感激したそうです。

株主も我が事のように、真剣に議論してくれる。
株主の入れ方も多いに考えるポイントです。

ちなみに、ネット不動産事業の売却先は、ホームズです。
どっちでも成功してたわけですね。

アドプランの差別化ポイントについて、会場から質問がありました。

もともとアドプランを作った経緯は、広告売りっぱなしの広告業界への異議だった。
だから、まずアドプランを売ってそのあと広告も売るという考えで営業した。
アドプランの商品に差別化ポイントは特にあるわけじゃない。
違うのは広告効果測定への「想い」にあるんだと思う。

 

t02200293_0240032010192427335

 

「想い」がひとを動かす。

起業は「想い」から生まれる。

鉢嶺さんが色紙に書いた言葉。
「起業をして世の中を変えよう。」

この言葉の裏側が見えたような気がしました。
「森ビルには絶対恩返しをしよう。」という言葉も印象に残りました。

次の対談相手はアドウェイズ代表の岡村さんです。
サイバーエージェントに入りたくてしょうがなかったけど、
全然とりあってくれなかったから会社をつくったという
エキセントリックなエピソードを持っています。

どんなアドバイスを引き出せるか、
イセオサムと念入りに作戦会議をしたいと思います。

t02200293_0240032010192427548

 

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です