イスラエルに行かない理由がわからない(粋な勉強会講義録)

Pocket
LINEで送る

イスラエルといえばいつも戦争しているイメージがあるが、
実は平均寿命や死亡率は日本と変わらない。

また「アラブからの反発を避ける」という考えもあり日本からの進出企業が少ないが、実際は世界中のハイテク産業がイスラエルに集結している。

人口あたりの科学者の数、ベンチャーキャピタルの投資金額、起業家の数がダントツに高く、シンガポールと同様、官庁のバックアップもあり法人税も安い。ユダヤ人は親日でもある。
そして何しろイスラエル人は美人が多い。娯楽も充実している。

これだけ揃っていて「何故みんながシンガポールやシリコンバレーを目指すのか、わけがわからない」という。

榊原氏は、これまで当たり前だと思われてきた「おかしいこと」に対してアクションをしている。

例えばベンチャーキャピタル業務では、新しい分野への投資を先んじてやることと、商売敵である他VCとの横のつながり。今では普通のことが昔は普通じゃなかったそうだ。
また「週に一度、投資先とミーティングをしていれば、売上はあがるんです」という言葉は新鮮だった。

インキュベート施設の運営に関しては、協賛をあつめ入居費用を半分にして、イベントを増やし、「ここにいると何かを得る」という体験をさせる。「毎月6社に出資して年間200回のイベントをやれば絶対に成功するんです」と言ってのける。

イスラエル進出に関しても、誰もやらないから自分がやるんだと。

投資先に関しても、「落とし物ドットコム」のように、社会的意義があって、まだ市場がないものしか張らない。したがって必然的に最初のインベスターになる。

「どうやって儲けるんだ」と不思議に思うものこそウェルカム。サムライマインドがあるかどうか、つまりやりきる人材かどうかがポイントだそうだ。

最後の質疑のなかで、榊原氏は「サムライという言葉を選んだから成功できた」と答えた。

日本人は、サッカーやオリンピックのときにまとまるために「サムライ」を冠したがる。サムライという言葉をつかうと団結心が生まれる。
もともと狙っていたわけでもなく、結果的に良かったとふりかえる。

「名前を決めたのは、ラストサムライを見て感動したのがきっかけです。」
とあっさりと言って会場を笑わせた。

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です