日本人はシリコンバレーに学ぶな。織田信長に学べ。(粋な勉強会講義録)

Pocket
LINEで送る

三木谷氏が「取締役なんていうのは茶器みたいなもんだ」と言ったそうだ。
茶器を政治に活用しはじめた初めての人物は織田信長である。

今までの武将は手柄をたてた家臣に土地を与えていたが、
信長は、うまいことに茶道を流行らせることで、大して価値のなかった茶器の価値をつりあげ、
お茶会を開く権利こそを武士の名誉としたことで有名である。そのときに暗躍したのが千利休だ。
信長や秀吉は、千利休に茶器のお墨付きをさせて、それを武将に配っていたというわけである。

しばしば、いきべんに語られていたボードメンバーの役割分担について、
結局ほとんどの弁士により、それは「代表次第」という結論に達している。

代表取締役だけにリスク(個人保証など)とリターン(株式比率)が集中する点や、
社員が代表を見て仕事をしてしまうところなど、日本人の家長にすがる特性などをふまえると、
能動的な一人の代表取締役と、残り全員は受動的な役員陣にうまく割れていた方がうまくいっているようだ。

「シリコンバレーで言われているような、CEO、CTO、CFO、COOという肩書きは、日本では茶番にすぎない」と丸山さんが言う。
「日本人は偉くなったって言われたい。だから肩書きが必要なんです。それをうまく使うのが社長の仕事だ。」と続ける。

丸山さんが重要視しているのは「複数の番頭がいるかどうか」という。
CTOですら、エンジニアをまとめて、そこを中心にモノ作りが行われていれば番頭になる。
このように、ひとまとまりの集団を任せきれる長がいるかどうかが会社の強さだと。

「社長の仕事はビジョンをかかげて人とお金をあつめること。
人を巻き込むのが仕事なので自分が現場にでたら駄目だよ。番頭にまかさなきゃ」と。
「まきこみ力」とは、投資担当に報告しつつも相談をもちかけ、仕事をしてもらうようなところにも発揮される。

また「一度や二度は、どん底の修羅場を経験してどう踏ん張ったかというのも大事だよね」と。
こちらが教えてもいないのに、いよいよキャッシュアウトというタイミングで消費者金融に行って難をしのぐような社長もいいねえと。
要するに丸山さんは事業の内容云々というより、本来やるべき社長の仕事をやれているかを見ているわけだ。

丸山さんの言うその本来やるべき仕事は、信長のように茶器を部下に渡して、あとは番頭にまかせてしまうことに尽きる。

では、番頭はどういう人材がいいのか。
自分の仕事を守りたくなるのが人のサガというものだが、「会社のビジョン実現を愚直に追える人物がいい」と丸山さんは言う。
自分の名誉を毀損しても会社に不要なものはNOといえる、常に辞表を持って仕事しているような番頭がいいねえと。
こうして集まったボードチーム、そして番頭が何束にもなっている会社、当時のライブドアのような組織が強い会社の典型だというわけである。

「社長は神輿、かつがれてナンボだよね。国光さんなんか、ずいぶんかつがれやすくなってるよね」

国光さんといえば、言っていることがころころ変わることで有名だ。
この移り変わりの早い業界において、その場その場で周囲に自分の考えをつぶやくことで、
経営方針を変えるような局面では、すでにその方向性が理解されているというわけだ。
投資家への報告会の前に、もうすでに投資家はフェイスブックで国光さんの発言をキャッチアップしている。

このように、かつがれやすい起業家は投資家ウケもいい。
言う事がころころ変わるから駄目ということではない。

最後に「社長は器を大きくして、茶器を渡せということだよね」という言葉で丸山さんの会は閉めくられた。

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*