いまの事業も失敗だ。(粋な勉強会講義録)

Pocket
LINEで送る

佐藤さんは、Tシャツにジーパン姿、手ぶらで会場にやってきました。
汐留から歩いてきたと。サンダルで。

前にDC2でセミナーがあったその後、ひょいと来た感じです。
明日には長野いくと。おそらくこんな感じでいくんでしょう。

先に二次会の話をすると、佐藤さんは素手でつまみます。
箸をつかうのが不自然だと。

俺も、立食パーティだと、皿を持ったら負けを意味するので、
ハムとか唐揚げとか瞬殺で食べちゃうわけですが、居酒屋でそうする人ははじめてでした。
ただ、人の真似っこが好きな僕らも素手派になっていたので、
いきべん懇親会はたぶん素手で食べることになると思います。

ゴールからの逆算で手をうつやり方は国光さんと同じですが、
違うところは、ワンノブゼムにならないところと、最初から完璧なひとを入れるということでしょうか。
同じところは本人たちは認めたがらないけど、結構あります。
米国の起業家たちをよく勉強しているところとか。

国光太閤と違うところを、まとめるとざっとこんな感じです。

・儲かりそうなことは誰かがやるから結局儲からない
・コミュニティに属すと考えにバイアスがかかる
・いまの会社に場違いな人間を口説くからそのステージに必要な人という考えはない

このように考え方が変わったのは、SEOなどの事業で年商3億ぐらいにいったことに海外にいったとき。
日本のまわりじゃあ俺が一番できると思ってたら、
「なに、ちんけな商売やってるんだ」とシンガポールのキャピタリストにはまったく相手にされない。

「俺は何やっていたんだろう」と思って、
みんながやっていない新しいことをやろうとおもったのが、現メタップスのリワードビジネス。
Android、リワード、ゲーム、にはったら当たったと。

ただ、これも失敗だと。
もうすでに、「iOS、米国、リワード」はでていて、同じことの繰り返しにすぎないと。
二番煎じをやったところで、AmazonやGoogleにはかなわない。

ということで、今回たちあげたのがスパイクだ。

手数料ゼロなんて、クレイジーだ。
どうやって儲かるんだ。
こういうところにはるからこそ、やる意味があると。

佐藤さんが言うには、あのユダヤ系シリコンバレー人たちは、通常語れている経営学よりも、
深遠なところの学問にすらなっていないところを研究していて、こっそり体系化しているんじゃないかと。

奴らの定義する成功と、日本にいるIT成功者の成功の定義が違う。
だから日本のキャピタリストの言う事はきかない。
お前の成功体験こそが失敗なんだと。

ぶっとんだ事を考えるには、普段ふつうにやっていることを変えて、
5感で脳を刺激するといいと、モーリスさんが言っていたような気がする。

既成の考えからぶっとぶには、手づかみで飯をくうのが、お手軽なスタートなのかもしれない。
ということで、さくら茶屋の懇親会はフリーハンドでいきます。
戦国武将も忍者も現場では素手でくってましたしね。

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*