その事業が可視化され、それが共有できれば、資金も人材も獲得できる。(IT道場講義録)

86b13531-s
Pocket
LINEで送る

「熱い想いを持っても、それを言語化、数字で表現、つまり可視化をしなければ意味がない。
 逆に、これが共有できれば、資金も人材も獲得できる。」と五嶋さんは語った。

その事業の可視化に必要なツールが、

1.事業計画書
2.業績&数値計画書
3.資本政策(融資の場合は長期資金計画)

である。

まず事業計画書に書くべきことは下記の通りだ。

1.事業の目的(課題設定)
2.会社の目標、ヴィジョン
3.経営メンバー
4.サービスの概要
5.成長戦略、成功戦略
6.市場
7.業績&数値計画
8.資本政策

そのときに気をつけるのは、事業計画書は一人歩きすることが前提でつくるということ。
投資家の意思決定機関やステークホルダーの間を「自分なし」で渡り歩くわけだから、ピッチのプレゼン資料とは異なるのだ。

次に業績&数値計画書に書くべきことは下記になる。

1.開発・事業スケジュール
2.数値計画(利用者数、課金者数、継続率など)
3.売上高
4.支出
5.利益
6.現金残高

業績&数値計画書は「成長のストーリー」を言語化+数値化したものである。

なぜ売上が増えるのか?→これをやるからだ。→やることを費用計上
できた結果を数値計画に反映

この繰り返しを織り込んでいく。

ここにおける全ての数字においては、比較対象をつけることが重要だ。
例えば競合、類似サービスのKPIなどを参考にして、根拠づけていく。

最後に資本政策で考えなければいけないことは下記の通りである。

1.ファイナンスの時期
2.ファイナンスの額
3.外部に渡すことができるシェア
4.株主の顔ぶれ
5.ファイナンスのスケジュール(3〜6ヶ月程度を要する)
6.ファイナンスの意味(マイルストーンを超えられる額を調達し、その目的を明確にする)

・株を分けるのは血を分けるのではない、肉を引きちぎられると思え。
・3年で5倍、5年で10倍程度の株式価値の上昇を織り込む。

などのアドバイスもあった。

以上、この3つのツールは、補完・依存関係にあるため、
3つのツールを行ったり来たりしながら3つの計画を練り上げていくことになる。

「投資家は、その会社のどの不確実性のリスクを取るのか?」
「成功に必要な要素はなにか?」

この2つが明確になっていれば投資判断ができる。
つまりはそれを可視化するのがこの3つのツールだということになる。

また事業が成功した「その先」にある世界を見せることも重要だと五嶋さんは指摘した。

イーロン・マスクの打ち上げロケットの着陸失敗の共有はまさに「ビジョンの可視化」だと言う。
あれを見たら、応援したくなるわけだ。
起業家として実現したいビジョンを共有、そのスケールがでかければ相手はワクワクするのである。

五嶋さんの講義、最後の一言は大山倍達の言葉だった。

「金を失うことは小さなことである
 信用を失うことは大きなことである
 勇気を失うことは自分を失うことである」

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*