実現したい価値が明確で、その方法がわからないけど、それができそうな人に投資する(IT道場講義録)

Pocket
LINEで送る

いまからインターネットサービスを起こそうと思っても、大抵のアイデアは既存プレイヤーでうめつくされている。

ポータル、モール、グラフ、メディアなどのビジネスモデルや、
ファイナンス、ゲーム、インフラといったビジネスドメインなど、「成功の型」も確立している。

すでに確立しているビジネスモデル、ビジネスドメインで戦うには、
既存のプレイヤーに勝たなくてはならないので、
その時には既存の競争軸に対して新しい競争軸を持ってくることが重要になってくる。

とはいえ、後発の弱小ベンチャーに勝機が少ないかいえば、そうでもない。
なぜならば、イノベーションの市場はどんどん変わっているからだ。

スマホの登場によってチャンスを得た企業のように、
今後はスマートテレビ、スマートホーム、スマートカー、病院、学校、とIOTの波に乗れる機会があるからだ。

ITによる自動化によって社会が効率化され、人間が本来の適正能力を専念できる世界がやってくるという方向性と、
起業家の生み出すサービスが合致すれば成功確率はあがる。
「社会的必然性と商業的合理性」が備わっているのかということだ。

「実現したい価値が明確で、その方法がわからないけど、それができそうな人に投資する」と和田さんは言う。

和田さんが最後に残した言葉は、

「Think Different!」
「Just Do it!」
「Never Give up!」

であった。

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です