好きなサービスだから続けられる(ブルーオーシャンサミット講義録)

845dd50d-s
Pocket
LINEで送る

 

西尾さんは、大学在学中に、岡山で起業した。

最初に作ったサービスは、「音楽制作講座」のサイトだった。

 

 

ビジネスコンテストで100万円獲得

 

サイトの訪問者がたしかに音楽を作れるようになっていて、
その人たちから「せっかく作っても披露する場所がない」という声をきいたそうだ。

そこではじめたのが、音楽コンテストのサービス「クレオフーガ」だった。
このサービスがビジネスコンテストで表彰され、そこで得た100万円で会社をつくった。

 

 

受託開発で食い凌いだ時期

 

今ではコンテストをやると500曲ぐらいのエントリーがあるような影響力の大きいサービスになっているが、当初はわずかなアドセンス収益でビジネスにならない。

ということで、受託開発をやるようになっていった。

受託開発がメインになっていくうちに「俺のやりたかったことは本当にこれなのか」と自問自答するタイミングが訪れた。

 

6畳1間の東京進出

 

ちょうどそのとき思い浮かんだが東京進出。
妻を岡山に置いて、6畳1間のアパートに住み込み営業をした。

東京にはITの猛者がたくさんいて、情報も早いことを痛感したそうだ。
そこでベンチャーキャピタリストと出会い、資金を調達し、自社サービスに専念することができた。

 

 

起業家が真剣に「SEO」を考える時はマジなビジネスに出会った時

 

2年前にはじめた音源販売サービス「オーディオストック」はすでに3万点の音源は集まった。
いま注力しているのが「SEO」だと西尾さんは言った。

このビジネスアイデアは、「クレオフーガ」のコンテストで「落選した曲」にもいい曲がたくさんあるというところから来ている。

このように、西尾さんのビジネスは、音楽制作サイト→クレオフーガ→オーディオストックと、線でつながっている。
「好きだからやれるサービス」は束になると「お客さんのニーズ」を面で捉えやすくなる。
しかも後のサービスを、前のサービスが加速させてくれるのだ。

一番苦しい運営のクレオフーガですでに音楽クリエイターがあつまってるから「オーディオストック」はたった2年で日本最大の音源販売サービスになれたのだ。

 

 

「起業」で大切なこと

 

西尾さんはこの起業ストーリーの中で「雑感」として以下のことを述べた。
これから起業する人へのメッセージだ。

1)自分のタイプを見極める

自分の好きなサービスを作りたい。
好きなサービスだからこそ続けられた。

2)整理して物事を考える

「本当にやりたかったのはこれなのか?」といった考える時間が大切だ。

3)人に相談する

「悩んだらまず人に相談する」
相談もちかけられて嫌な人はいない。
相談されたら普通は嬉しいはずだ。
だから遠慮無く、人に相談すればいい。

 

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*