音楽をどんどん世界に配信して欲しいから売上からの手数料をとらない。(ブルーオーシャンサミット講義録)

519a753a
Pocket
LINEで送る

チューンコアジャパンは、Apple music,iTunes Store,Line Musicをはじめ、全世界100ヶ国以上の音楽配信プラットフォームへの楽曲の登録の仲介を行うサービスである。

 

誰でもストアにて楽曲を販売できる「配信登録代行サービス」

 

音楽を作ることに専念したいミュージシャンにとっては登録作業は大変だ。

それをチューンコアジャパンでは1曲、1年、1410円(税抜)という定額プランで登録を仲介をして、売上(報酬)はすべてアーティストに返している。

米国チューンコアでは、すでに累計約524億円にのぼる金額をアーティストに還元している。チューンコアジャパンの数値は近日公開予定とのこと。

 

 

売上連動手数料をゼロにした理由

 

類似の登録仲介サービスは売上に連動した手数料を設定しているのに、なぜチューンコアジャパンはそれをしないのか?

「もし売上の連動する手数料をとったら、今のレーベルと変わらないじゃないか、また自信のある良質のアーティストであれば、100%還元される我々を選択すると思う」と野田さんは言う。

いまのレーベルは売れるものに肩入れするしかない。そういうビジネスモデルだからだ。
でも今の音楽業界は、誰でも自分の作った楽曲を販売できる時代だ。

どんどん楽曲も増え、ニーズも多様になってきている。
既存のレーベルじゃ拾いきれるわけがない。

だから、チューンコアジャパンのような登録代行業者が必要になっているのだ。
どんどん登録して欲しいから売上レベニューは貰わないという戦略なのである。

才能の発掘方法が「楽曲の登録仲介」という、音楽レーベルへのエントリーモデルだったのである。
今後は、著作権周りやプロモーション、アーティストが利用できる付随サービスを、様々な企業と手を組んで展開していきたいと考えている。

 

合言葉は「外貨の獲得」

 

野田威一郎さんにはもうひとつの野望がある。

「日本のミュージシャンがどんどん外貨を獲得して欲しい」ということだ。

実際、チューンコアジャパン経由の日本人アーティストがあげた楽曲の売上のうち15%は海外で消費されている。

今までは海外のストアに流通させることなんかなかったけど、今は違う。
「アーティスト側も英語で歌ってみよう」という機運にもつながっているのだ。

 

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*