ボードメンバーは3人がいい(粋な勉強会講義録)

Pocket
LINEで送る

須田さんは、アエリア上場の前に、お惣菜屋をやっていた。
その運営会社がSudaxであり、業界仲間からのニックネームとして定着している。

偶然にも、半年で撤退、焦げ付いたコスト3000万円というのは、当社とも一致している。
先輩が近くにいながら、同じ失態をするのだから不思議なものだ。

「所詮ホワイトカラーが机上の空論で頑張ってもブルーカラーの百戦錬磨にはかなわない」
おっしゃるとおりだ。年始にそう言ってもらいたかったし、
言われたところで、屁理屈をこねて、聞かなかったかもしれない。

「ボードメンバーは3人がいい」
これは、「エニグモの二人代表の裏に安藤さんがいた」という事例をだして語っていたクダリであるが、
当社にも第三の目線があのとき必要だったように思う。

このように、須田さんは、いろいろな起業家を見たり、発掘したりというのを、
ライフワークとしており、その中で見てきたことにが含蓄がある。

例えば、採用に関して、クラウドワークスの吉田さんは、
友人の結婚式で、その後輩で優秀な人を探しては口説いていたといった目撃談は、
本人はおそらく言わないだけに、参考になるし、「襟元をただせるような情報だ。
まさに、起業家の「生き字引き」が須田さんというわけだ。

「いまこんなに調達しやすい時期なんだから、CFOの仕事はできるだけお金をひっぱること、以上」
みたいに切れ味するどい返答がかえってきていた。

今まで会った中で一番すごいと思った人はリブセンスの村上さん。
まだ事業をやったばかりのタイミングに会っていて、
自分が上場会社の役員であるのに、オーラが逆で、圧倒されたとこぼした。

このように若手起業家とも自ら会いにいく姿勢こそが、須田さんからもっとも学ぶべきことなのだろう。
情報は経験者だけでなく、若手からも、同世代からも入ってくるわけだし、どこでどう繋がるかわからない。

チャンスはひとづてに訪れる。決して机上の空論からは導きだされない。

「山田進太郎さんとか、ほんとに考え抜いていて事業をやっている。
本当は考え抜いてやるべきなんだろうけど、自分はとりあえずやっちゃう。」

こういうタイプだからこそ、人とのつながりを大切にするのだろう。
前回も真田さんの「ほんとはこうするべきなんだろうけど、自分はこうする」という持論を聞いた。
正解への道は、人によってアプローチがことなる。もはや正解すらない道である。

ここでもそれが聞けた。いきべんの真骨頂である。

【無料PDF】IT新規事業でのビジネスモデルの作り方

 

「新しいサービスでビジネスを作りたい人」が参加した「IT道場」で語られていた「新規事業のレシピ」をこっそりプレゼントいたします。150ページ以上のPDFになりますので、プリントアウトするときはご注意ください。とくにカラーでプリントすると、上司に怒られます。

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*