検索される記事と共有される記事を決めるコンテンツの2つのポイント。

fruit-1065727_960_720
Pocket
LINEで送る

あなたのサービスのURLが、誰かを喜ばせるものだったら、素敵なことです。 そういうサービスを目指して欲しいし、そういうページを作って欲しいということになります。

 

顧客にとっていい情報とは?

 

 

マーケティング活動においてもっとも重要で私たちが創りださなければならない情報は、「購買に影響をおよぼす情報」です。

 
その影響力のでかい情報こそ価値があります。

 

そこで検討すべき課題は、お客さん候補が商品を買うために、あるいはサービスに入会するために、そのお客さん候補に「どんな情報を与えればいいのか?」ということになります。

 
例えば、食べログみたいなサービスを運営してる場合は、投稿レビューが「購買に影響をおよぼす情報」です。

 
もし、あなたのサービスに人がたくさん集まっても効果がでないのは、その人にとって「購買に影響をおよぼす情報」を与えていない可能性があります。

 
この情報をつきつめると、「探される価値」と「共有される価値」に因数分解されます。

 

 

「探される価値」とは?

 

 

1.検索エンジンに適切なキーワードで上位にひっかかる
2.友達にきけば、そのサービスが出てくる

 

こういったことではあるのですが、2は本当にレアケースです。
例えば、十条に引っ越して、ふとん屋を探すとします。

 
普通の人なら、まずスマホからググります。
そうすると十条にはなく東十条にあったとわかります。
(十条のふとん屋は2015年に消滅しております)

 

買うと決めた時や、緊急を要する時は、かならす検索エンジンを使うと思います。

 
ウェブをみてたら偶然、あなたのページが見つけて衝動買いしちゃったというのはホントにレアケースです。
だから、きちんと商品をPRできるように、購買につながるコンテンツを用意しなくてはなりません。

 
たとえば、商品説明ページが簡素なペライチのページで検索されますでしょうか?

 
これは適切ではありません。

 
とても長いランディングページはよく見ますが、
あれは、特定のターゲットの特定のシーンにあわせて一気に説得するようにできているわけで、彼らはキーワード広告ごとに何個もランディングページを用意しています。

 
長いページがSEOに効くとは限りません。(他のページとの相対比較評価だからです。)

 
キーワードにあわせて、Googleが評価したサイトが上位にあがります。

 

 

SEO主体のメディアは検索ページとの往復で消費される

 

あるキーワードで検索したとします。

 
一番上からみて、興味ありそうなページを開きます。

 
なんか違うなと思ったら戻るボタンでまた違うページを開きます。

 
この繰り返しなので、SEO主体でトラフィックを稼いでいるサイトは滞在時間が1分を切るものばかりです。

 
1セッションにおける平均PVも2.0以下なものばかりなのは、上記のような検索結果とリンク先をいったりきたりしてるからです。

 
なので、折角来てくれた人を離さないようにすることが重要です。

 
キーワードに則した内容で、お客さんをがっかりさせないことが大事なのです。

 

道を歩いている男性に化粧品のサンプルを配りますでしょうか?
キャバクラのキャッチが道を歩いている女性に話しかけますでしょうか?

 

これはおおげさですけど、「よさ気な店に入ったけど、残念な感じだった」というページを作っていると、検索エンジンになかなかひっかからなくります。

 

お客さんの期待値をあげておき、さらにそれ以上の満足を与えないと、他所に逃げちゃいますよということです。

 

 

アナリティクスで得に見るべき数字

 

1.クリック率
タイトルが良さげだったり、サイトの紹介文(メタサブスクリプション)が良さげだとクリックしたくなります。
これが「期待値をあげろ」という部分になります。

 
2.直帰率
直帰率とは折角そのサイトにいったのに、他のページを見ずに帰っちゃった率です。
検索エンジン結果に戻って他のサイトに逃げちゃったということになりますので、低ければ低いほどいいです。

 
3.1セッションあたりの平均PV
たくさん見てくれたら、いいサイトっぽいとわかります。
いたずらに「続きを見る」というサイトをやって「どや、これがSEOだ」と言っている人もいますが、お客さんを萎えさせるのはよくないです。
そんなことしなくても、面白いからどんどん見ちゃうようなページにすればいいわけですから。

 
4.滞在時間
長く滞在しているというのは、面白いからそこにいるんだろうと推測されすよね。

 
一般論としてECサイトは滞在時間が長いです。数分はあります。商品をいろいろ検討するから当然といえば当然です。

 
まずはこんなところから見て、改善してみてみましょう。
やってみるとわかることがあります。

 

 

サービスの良さとコンテンツは比例する

 

商品そのものがよくないと、いい文章だってかけないし、書く内容が増えません。

 
「探される価値」を高めるには、それに堪える商品の素晴らしさがなくてはなりません。

 
どちらかというと、本当に素晴らしい商品なのに、うまく伝えられていないという時に考えればいいことになります。

 
だから、お客さんに探されるには、いい商品をたくさん揃えろ、ということになります。

 

「え、それじゃ、身も蓋もないじゃないか?」

 
そう想うかもしれませんが、インターネットの世界は、お客さんが強いのだから仕方ありません。

 
また、商品をたくさんもっているサービスが強いのです。

 
「探される価値」の無いサービスは、いないも同然です。

 
厳しい言い方ですが、これが現実です。

 

ただし、強みが無いなりにも闘い方がありますし、こつこつ改善を加えていったり、こつこつファンを増やすことで、サービスそのものを向上させて、ひっくり返す楽しみがあるのもインターネットならではの醍醐味です。

 
まずは、「自分のサービスは探される価値があるだろうか?」ということを自問自答してみてみましょう。

 
そして、「どうやったら探してもらえるだろう」ということも考えてみましょう。

 

「共有される価値」とは?

 

あなたが他の人から共有される情報とはなんでしょうか?
あなたが他の人に共有したくなる情報とはなんでしょうか?

 

ウェブマーケティングまわりの人々でよく勘違いされることでよくあるのが、Facebookでシェア、とかツィッターでRTされることです。

 
確かに正しいのですが、それではシェアなどの拡散を狙って奇抜な記事を書くいうことを考えがちになってしまいます。

 
バズメディアと呼ばれる面白記事を集めているサイトなら正しいのですが、そもそもあなたの商品ってそんなに楽しいものですか?

 
楽しいのではなく、あるカテゴリーのお客さんにとって有り難い商品だと思います。

 
そしたら、そのカテゴリーのお客さんにとって有益な情報を与える方が得策です。

 

 

「購買情報に近い重要な情報」はクローズドに共有される?

 

例えば彼女が、じゃらんのホテルのページのURLが送られて「ここに連れてってよ」とおねだりするとき、そのURLをFacebookでオープンにしますでしょうか?

 
例えば、一緒に食事に行く人にお店の場所を伝えるとき、LINEなんかで、食べログのURLを送りますよね。

 
これも「共有される価値」です。

 
食べログがすごいんじゃなくて、食べログが便利だからです。

 
なので便利ツールの一つになることも共有される価値です。

 
自分の商材だけでなく他社の商材も並べると、「共有される情報」としての価値として高くなることもあります。

 

また、筆者はよくやってますが、あるサービスの分析記事とか、コンサル先に有用なマーケティング記事を、チャットワークで共有することがあります。

 
自分のビジネスに特に重要な記事はFacebookであげません(笑)。

 
こっそり身内と共有します。

 
なかには重要そうな記事をさも俺がみつけたんだばりにウォールに載せる人や、自分のコメントを偉そうにそえているひとがいます。

 
あれはなんの目的とメリットがあるんでしょうか?

 
でも、そういう読者の承認欲求を満たせる記事もまた「共有される価値」です。

 

 

顧客が顧客を連れてくる仕組みとは?

 

例えば、お客さんの事例を紹介したとします。

 
そのお客さんが、「俺が事例になって紹介されてる!」と喜べば、それは「共有されるうる価値」があります。

 
そういう意味では導入事例はかなりいいコンテンツです。

 
マニュアル作成ツールを提供している創業メンバーが言いました。

 
「導入事例は絶対にあげてください。必ずクライアントの了解をとって掲載してください。
なぜならば、その導入事例と同じ問題をかかえている人が見て、その解決方法を見出すからです。」

 
ターゲットとなる人が勝手にこれを見つけてくれて、あなたのサービスが解決手段になると感じてくれるわけです。

 

まとめ

 

共有される価値をまとめます。

 
・購買するとき、させる時に重要な情報
・便利ツールとなっている情報
・こっそり身内で共有する情報
・読者の承認欲求を満たす情報。

 

ざっくりいえば、共有される価値とは「人と人のコミュニケーションの中で使われるか?」ということにつきます。

 
「刺身のツマ」みたいなものです。
コミュニケーションの潤滑油になればいいのです。

 

たとえば、今からLINEの友達に、その人の好きそうなお店のURLを送りつけてみてください。

 
それだけで、「飲みに行こうか?」とか「連れてってくれるの?」という反応がかえってくるはずです。

 
もし、既読スルーなら、それは食べログが悪いんじゃなくて、「あなたが脈なし」ってことです;^o^y

 

あなたのサービスのURLが、誰かを喜ばせるものだったら、素敵なことです。

 
そういうサービスを目指して欲しいし、そういうページを作って欲しいということになります。

 
マーケティングってスキルじゃなくて、おもてなしの心だと思います。
いつも頭の中に滝クリを思い浮かべて仕事に望みましょう!

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

報酬を得ながらライティングスキルを上げましょう

 

ライティング案件をメルマガでご案内いたします。
読者登録特典として、「SEOライティングのポイント」の無料PDFを配布するほか、ライティングのコツについてもメルマガでフォローいたします。

 

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*