育毛業界(ヘアケア)のホントの市場規模はどのくらい?

Pocket
LINEで送る

矢野経済研究所によると、2016年度の国内のヘアケア市場規模(毛髪業市場、植毛市場、発毛・育毛剤市場、ヘアケア剤市場の合計)は事業者売上高ベースで4,408億円だそうです。

ヘアケア剤市場4408億円の内訳は?

毛髪業:1,369億円

植毛市場規模:44億円

発毛・育毛剤市場規模:675億円

ヘアケア剤市場規模:2,320億円

リアップ売上は161億円

1999年の発売開始以来で累計6000万本突破し、大正製薬の売上高1800億円のうち8.9%をリアップシリーズが占めています。

 

リーブ21の売上高は67億円

マイナビの採用ページには、約67億円(2016年9月)とあります。

一方でウィキペディアには、194億円(〜2005年度)とありました。

1,070名(2007年9月30日現在)から、 約650名まで減っているようです。

 

育毛サプリメントの市場規模は?

ぶっちゃけ発毛効果をうたうことができないこのカテゴリーの調査は難しいですね。

インテージの調べによると、2015年の健康食品・サプリメント市場の推定市場規模は、1兆5785億円だそうです。

そのうち、「美肌・肌ケア」カテゴリーが1432億円だそうです。

男性もこれぐらい育毛サプリにかけたとすると1500億円ぐらいかなと予想されます。

 

育毛医薬品の個人輸入の市場規模は?

これとは関係ないですが、参考までに。

WorldHealthOrgnization(WHO)の報告によれば,世界での偽造医薬品の販売規模は,2010年には750億ドルとも言われ,年々増加の一途をたどる傾向にあり,7.8兆円程度の日本の医薬品市場に匹敵するそうです。

個人輸入といえば、バイアグラなどの勃起不全治療剤がとてつもなく人気だそうですが、最近では発毛医薬品も伸びていると業界関係者から聞きました。

最近にわかに流行している、ミノキシジルやフィナステリドのジェネリック薬品の個人輸入ってどれくらいの規模なんでしょうか?

たとえば、10万人が年間10万円を投じたとすると100億円くらいになります。だとすれば300億円くらいあってもよさそうですね。

薄毛に悩む人は1200万人

AGAスキンクリニックの調査によると、薄毛について非常に気にしている人は9.5%。気にしている人は13.5%。両方あわせると24%になります。

ちなみに、やや気にしている人は25.8%。これをあわせると男性の半分は薄毛をちょっとでも気にしていることになります。

5人に1人が薄毛に悩んでいると、業界関係者はよく言いますが、それに近い数字がでてますね。

1200万人が年間10万円を育毛関連サービスに投じたとすると、1.2兆円市場になります。

まとめ

表に出ている数字では約5000億円ですが、当然、調査では浮かび上がれない数字もあるわけで(霊感商法みたいなのも含め)、ざっくり3倍をかけた1.5兆円ぐらいが薄毛マーケットの市場規模ではないかと、私は予想しました。

AGAはアレルギーだった!!脱毛(薄毛)に関わるアレルゲンを一挙公開!!

 

【1年でハゲからの生還】私はこれで少年の心と頭を取り戻しました。
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です