SEO(検索エンジン対策)

【マイシェフの事例紹介】顧客満足度を測るNPS(ネットプロモータースコア)とその活用方法について

163877_スクリーンショット 2017-01-06 午後7.36.35

実は、粋な勉強会の参加者アンケートにも、NPSの仕組みを取り入れています。

見様見真似でやっているのですが、実際にとれたアンケートデータは非常に参考になっています。

 

NPSというのはざっくりいうと顧客満足度ポイントをちょいと加工して、顧客ロイヤルティの度合いをきちんと評価しなおしたスコアのことです。

続きを読む

スピリチュアル系ビジネスのブログ集客方法。想定キーワードも一挙公開。

dawn-190055_960_720

スピリチュアル関連で仕事をしている人は推定1万人と言われております。
その中で集客に成功している方もいれば、失敗している方もいます。

今回は、ブログ集客、つまり検索ユーザを新規顧客にするためのヒントをご紹介していきます。

まずは「自分の名前を知ってもらう」ことが重要なことではありますが、どうやって自分の名前を知っていただくかも、これを読んでいただければ、お客様の本当のニーズがわかってくるかと思います。

続きを読む

ブログ集客方法のコツと効率重視の成功法則、失敗パターンをまとめました。

internet-search-engine-1433323_960_720

ブログ集客を試みるほとんどの人が失敗パターンの罠にはまっているのはご存知でしょうか?
確かに誰も正しいことを教えてくれないので、どういうことをやれば効果があがるのか、わからないですよね。

実際に、個人ブログで半年で新規見込1000リストを集めた半自動集客エキスパートが、集客コンサルや記事作成ディレクションの現場で伝授しているノウハウをこっそりおすそ分けいたします。

これを読み終わる時には、きっと新しいノウハウを使いたくてウズウズして、毎日大変だったブログ記事作成が楽しくなっちゃうことでしょう。ちなみに毎日の更新は必要がないこともわかります。

続きを読む

WEB集客力アップのコツと成功方法。ノウハウ理論からテクニック総まとめ。

1334_ywvhmgjhmzu2ogmwz

インターネットの集客方法は多岐にわたっていて、各方面に専門家がいるので、誰に頼めばいいのかも見当がつきませんよね。

そこで、全体を網羅できるように各WEB集客手法の解説をまとめました。

まずは、「これならできる」というところから深掘りしてみると、自分にしっくりくる集客方法が見つかるかと思います。

続きを読む

初心者でなくても陥りやすい間違ったSEO対策記事の書き方

green20160902090216_tp_v

記事作成のライター向けのディレクションをしていて、気づいたことがありました。

例えば「長澤まさみ ドラマ」で検索するユーザ向けに記事を書いてくださいとオーダーを出したとします。

すると、
「長澤まさみの所属事務所」のトピックを書いちゃう人です。
「長澤まさみの主演月9ドラマ」ならOKなんです。

続きを読む

検索1位をとるためのSEOライティング。記事作成の初心者マニュアル。

letter-1697604_960_720

Google検索で1位になる記事を書くには、徹底的に検索ユーザーの潜在ニーズを掘り出して、そのニーズに応えることがポイントです。

特定キーワードについて検索するユーザーの疑問に対して、「このページを見ただけで完全に解決!」というページの作成方法を徹底解説していきます。

続きを読む

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

letter-1697604_960_720

「検索がたくさん集まる記事を書きたい」という方が、SEOライティングのテクニックを身につけるには、兎にも角にも記事をたくさん書くことです。

さらにいえば、実績のあるメディアで、実績のあるディレクターのもと、仕事として実績を積むことが近道となります。

実績が積み上がれば、実力として検索がたくさん集まる記事が書けるようになるだけでなく、ライターとしての仕事の単価もあがり、ベース収入を得ることができます。

続きを読む

某球団オーナー会社がSEO嵐をやっていると業界騒然です。

letters-1219877_960_720

これは私のメルマガ読者に送った愛のレターの1片です。

半自動集客エキスパートのGFです。

先日、下記の記事が、私のFBまわりで相当でまわりました。

DeNAがやってるウェルク(Welq)っていうのが企業としてやってはいけない一線を完全に越えてる件(第1回)

私のシェア記事にも100いいね!がつき、本記事全体では3000以上のいいね!がついています。

やまもといちろう氏からも「あかんやろ」との言葉を戴きました。

続きを読む