音楽をどんどん世界に配信して欲しいから売上からの手数料をとらない。(ブルーオーシャンサミット講義録)

チューンコアジャパンは、Apple music,iTunes Store,Line Musicをはじめ、全世界100ヶ国以上の音楽配信プラットフォームへの楽曲の登録の仲介を行うサービスである。

“音楽をどんどん世界に配信して欲しいから売上からの手数料をとらない。(ブルーオーシャンサミット講義録)” の続きを読む

3度目の正直で離陸。「苦闘を愛せ」(ブルーオーシャンサミット講義録)

 

杉本勝男さんはスキャンマンのビジネスをやるまえに、2度起業に失敗している。

「起業」にこだわったのは大学生のときだった。

“3度目の正直で離陸。「苦闘を愛せ」(ブルーオーシャンサミット講義録)” の続きを読む

起業前に揃えるべき必要十分条件とは?(ブルーオーシャンサミット講義録)

なぜキャスターというオンラインアシスタントサービスを始めたのか?

中川さんは「たまたま」だと言う。

“起業前に揃えるべき必要十分条件とは?(ブルーオーシャンサミット講義録)” の続きを読む

複製が当たり前の世の中でコピーできないビジネスとは?(ブルーオーシャンサミット講義録)

海保けんたろーさん(フリクルを運営するワールドスケープの代表取締役)はロックバンドを結成、メジャーデビューの経験がある。

いや、むしろ、それでアガリだったはずだった。

“複製が当たり前の世の中でコピーできないビジネスとは?(ブルーオーシャンサミット講義録)” の続きを読む

どうやってCPAを下げる仕組みをつくるのか?(ブルーオシャンサミット講義録)

司法試験に合格するまでに費やす時間は10000時間と言われる。

そのなかでスクールの授業時間は500時間ほど。
つまり95%の時間が独学に費やされている。

ならば、授業の500時間よりもこの膨大な9500時間をイノベーションする方がビジネスになるのではないか。

そう思ってスタートしたのが「資格スクエア」だった。

“どうやってCPAを下げる仕組みをつくるのか?(ブルーオシャンサミット講義録)” の続きを読む

少なくとも1年半は続けよ。決して理想を失わずに。(ブルーオーシャンサミット講義録)

池田祐輔さんが創業メンバーとしてアル−の創業に携わったのは2003年。

当初は知育玩具などを売ろうとしていて、「BtoCはきつい」と痛感。
研修ビジネスはガリバーがいないチャンス領域だと知り参入、
12年後には研修ビジネスの10番手に食い込むようになっていた。

“少なくとも1年半は続けよ。決して理想を失わずに。(ブルーオーシャンサミット講義録)” の続きを読む

知っている人に聞く、そしていいコミュニティに属する(ブルーオーシャンサミット講義録)

「ティーチーミー」というマニュアル作成ツールを運営するスタディストの豆田裕亮さんからマーケティングや広報のお話をうかがった。

“知っている人に聞く、そしていいコミュニティに属する(ブルーオーシャンサミット講義録)” の続きを読む

成功事例からスケールのツボを探る(ブルーオーシャンサミット講義録)

「スケールしたければ市場適応活動こそが唯一にして最強の勝ちパターン」

だと株式会社54の山口さんは言った。

“成功事例からスケールのツボを探る(ブルーオーシャンサミット講義録)” の続きを読む

【浅草の教訓】撤退経験者がこれから小売りをやりたい人にこっそり教える7つの教え

まず、ビックリすることをいいますが、O2Oに未来はありません。

世界に未来はあるかもしれないけど、日本にはありません。
正確にいうと、イオンみたいな勝ち組だけにあります。
答えは簡単、日本には店が多く、経済がさがっているからです。

“【浅草の教訓】撤退経験者がこれから小売りをやりたい人にこっそり教える7つの教え” の続きを読む

ツキを呼んでいる起業家の共通点

いきべんは、経営手法を学んだり、経営課題のアドバイスをもらうといった目的で設計されており、そのために、自分にフィットしそうな弁士にあわせて、参加していただくわけではあるが、連続してくる人にしか、わからないことがある。

 

一言でいえば、成功者の共通点である。
毎回、弁士によって違う事をアドバイズするわけで、考え方はひとそれぞれ、全員に同じ質問を投げかけたら、全員違う答えがかえってくる。

“ツキを呼んでいる起業家の共通点” の続きを読む