検索される記事の書き方は、本を書くのと似ている。

sushi-621433_960_720

検索されやすい記事を書くには、良い記事を書くことに他なりません。
それはオリジリナリティがあって、よくまとまって、読者に「なるほど」と喜んでもらうような記事です。

ここでは、そういうつもりで、きちんと書いている人が前提で、お話をすすめます。

まず記事アイデアから

もともと書きたいアイデアがあれば、それを書きましょう。
アイデアがなければ、狙ったキーワードで検索して他の人の記事を探してみましょう。
自分は違った意見を持っているならば、それが記事アイデアです。

他の人が書いているものと同じようなものを書いても仕方がありません。
自分なりの切り口が思い浮かんだものだけ書くようにしましょう。

要旨を目次化してみる

1.AAAAAA
2.BBBBBB
3.CCCCCC
4.DDDDDD
5.EEEEEE
まとめ

というように箇条書きで書きたいこと羅列します。

ここは書けるところから埋めていきましょう。
書いていくうちに「まとめ」の内容も変わるかもしれません。

「まとめ」が先にあるのならば、まとめを書いてから、目次を決めていきましょう。

この目次をh2タグで埋め込むことにより、記事が構造化されます。

つまりGoogleにもどんな記事なのかアウトラインを教えることになります。

タイトルについて

狙った検索キーワードで構成される文章を組み立てましょう。
いちばんオススメなのは、その記事の「まとめ」の要約です。

「数字を出す」「不安を煽る」「7つの方法」など、
いろいろなキャッチコピーの書き方がありますが、それは改善の時にやればいいと思います。

というのも、先にこのような鮮烈なコピーはすでに出回っています。
そのタイトルの割に、中身が意外に当たり前のことが多いのも事実。

いかに釣るのではなく、いかに「なるほど」と思っていただくのが、次のリスト集めにつながります。

オオカミ少年になるよりは、誠実の方がいいのです。

「まとめ」の要約がタイトルにあるのならば、その論拠を読みたいという読者がやってきます。
検索ユーザもなるべくミスクリックしたくないわけですから、WIN-WINです。

ディスクリプションについて

検索エンジンの「抜き出し文章」は「ディスクリプション」で設定します。
たいていは出だしの文章が採用されますので、出だしの文章に気合をいれます。

別途設定するのであれば、検索ユーザ向けの文章をこしらえましょう。

平文も構造化を

各目次の文章も、さらに目次をつくることができます。
それは、h3タグを使って「見出し化」ができます。

こうすることで、各目次の中にも何が書かれているかがGoogleに伝わることになります。
つまり、検索されやすいというわけです。

まとめ

まず目次を作ると、全体の記事構成が見える化します。
それは、本の執筆のように目次を決めてから書くのと似ています。

これは検索エンジンにとっても、どんな記事なのかを把握するのに好都合なのです。

そして目次にそって文章を書くことで、支離滅裂な文章になることを防ぎ、読者にも支持されることになります。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

報酬を得ながらライティングスキルを上げましょう

 

ライティング案件をメルマガでご案内いたします。
読者登録特典として、「SEOライティングのポイント」の無料PDFを配布するほか、ライティングのコツについてもメルマガでフォローいたします。

 

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

メルマガ成功の第1ステップは知人・友人・既存顧客にも登録してもらうこと。

spaghetti-1392266_960_720

 

 

メールマガジンというと、新規顧客の開拓のためのリストと思われがちです。
「刈り取り」という目的だとそうなります。

しかしステップメールは「読者のファン化」を目的をしておりますので。
「刈り取り」ではなく、お客さんを連れてくるブースターの役割を果たします。

 

 

 

身近な人のリストこそ伝わりやすい

 

 

Facebook利用者の平均友達人数は200人だといわれています。

 
Facebookの友達以外にも交流している人はいるでしょうから、300人は知人・友達がいると推測されています。

 

300人の知人が300人の知人を持っているとして、その知人があなたのサービスを広めてくれる人だとすれば、9万人にアプローチをすることができます。

 

つまり、この人たちをどうやってファンになってもらうかという視点でステップメールを運用していくことになります。

 

 

親友だってあなたのサービスを深く知らない

 

あなたは友人の仕事を深く理解しておりますでしょうか?

 

それと同じように、あなたの仕事は親しい友人に正しく理解されていません。

 

会っている時にもよほどのことが無い限り、仕事の深いところの話はしてないと思います。

 
そんな時に、ちょっとでも興味を持ってくれる友人がいれば、ステップメールに登録してもらえばいいでしょう。

その友達は、あなたの仕事を知りたくないのではなく、知るための時間がないのです。

 

 

既存顧客にも読んでもらおう

 

もしあなたが、料理人だとして、牛肉の料理を出したとします。

 
A5ランクの国産牛を出したとしても、それを言わなければ、普通に美味しいとおもうだけかもしれません。

 

そこで、どこで取り寄せたなどの詳しいお話をしたら、お客さんはもっと喜ぶでしょう。

このように、お客さんは「知識」でそのサービスの満足度をあげている場合も多いのです。

 
ストーリーマーケティングと呼ばれる「体験価値」を売る手法もその知識(記憶)の部分に訴えかけています。

 

普段当たり前にあなたのサービスを受けている人も、あなたのステップメールを読んで、「そういう想いで仕事しているんだ」とか「日頃から研究熱心なんだ」とか、「このサービス、そこまで手の込んだものなんだ」ということを知るだけで、かなり印象がかわってきます。

 

 

リストから刈り取りではなくリストから紹介を

 

読者のまわりにもあなたのサービスを必要とする人はかならずいます。

 
とはいえ、その読者に正しい理解を得られないと、なかなか紹介されないでしょう。

 

人は信頼している人から紹介されたサービスを買いたいと思います。

 
ということは、読者に信頼されないと、口コミはおこらないわけです。

 

読者に信頼されるためには、読者のためになる情報を発信していくほかありません。

 

 

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

 

 

【無料PDF】ブログ集客の処方箋(ブログ記事の書き方編)

 

どんな記事を書いていいの分からないという方のために、記事の書き方のコツを教えます。
お客が集まる記事って意外と簡単にできるんです!

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

効率よく集客・販売するにはどんなステップメールを用意すればいい?

salmon-518032_960_720

ステップメールは、読者がそれを取り続けることで、どんなメリットがあるのかが明確に伝わる存在でなければ、読者登録にはつながりません。

お客さんに有益な情報であること

 

まずタイトルが重要です。どんなお客さんのどんな悩みを解決するものかを「メール講座」というカタチで表現するようにしてください。

 

そして、実際送るメール内容もそれ と逸脱したことは書かないようにしましょう。内容がブレると「ファン化」どころか「読者解除」されてしまいます。

 

 

自己開示をすること

 

できるだけ、自分をさらけ出しましょう。

 

これを書くことで自分と向き合う機会になり、 色々な気づきをもたらします。そこに読者の共感が産まれます。

 

自分の志を伝えること

 

あなたは何のためにその仕事をしているのか?熱い想いが伝われば読者がお客さんを連れてきます。

 

購入導線はかならず張ること

 

共感を生んだメールは転送されます。読者が連れてきたお客さんが探さなくてすむように、注文につながるURLや連絡先は必ず記載しましょう。

 

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

 

【無料PDF】ブログ集客の処方箋(ブログ記事の書き方編)

 

どんな記事を書いていいの分からないという方のために、記事の書き方のコツを教えます。
お客が集まる記事って意外と簡単にできるんです!

 

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス