ワードプレスのカテゴリー設定、タグ設定はどうするとSEOに効果的か?

Pocket
LINEで送る

記事にカテゴリー設定とタグ設定をするとSEOに効くといわれます。
でも、それがどういう理由なのかわからないと、意味のない設定をしかねません。

SEO効果がある理由

一言でいえば、記事がカテゴリーツリーで構造化されるからです。

例えば、「大カテゴリー>中カテゴリー>記事」というツリーができます。
これはパンくずリストにより構造化されるため、カテゴリー名が、検索キーワードでひっかかるのです。

記事に対するカテゴリーキーワードの関連性(検索性)が高まるだけでなく、
カテゴリーAにひもづく記事一覧という中間ページができることで、そのページが検索対象になります。

このように考えれば、タグワードごとにも記事一覧ページが生成されるのです。

このような理由ですので、狙った検索キーワードではないカテゴリーを据えたところで意味がありません。

たとえば、「ひとりごと」「日記」といったカテゴリーは、検索されにくいのです。

どんなカテゴリーを作ればいいか

まずは狙いたいキーワードをずらっとあげてみましょう。
それを、大カテゴリーと小カテゴリーに仕訳をしてみて、グループ化してみます。

そうすると、「ビッグキーワード>スモールキーワード>記事」というツリー構造ができあがります。

小カテゴリーに属する記事は目安として5件入るようにします。

そうすると100記事書くのであれば、小カテゴリーは20くらい用意すればいいというわけです。
数百記事を書くのであれば、カテゴリーをもう一つ下げて「3ワード検索」を意識したものにすればいいです。

なお、大カテゴリーはいろいろな切り方があります。
ワードプレスでは親カテゴリーを含む複数カテゴリーにチェックができますので、適宜複数チェックをおこないましょう。

ただし、あるカテゴリーとまた別のカテゴリーが同じ記事リストだと、読者を欺きますし、ともすると、Googleから意味のないページと睨まれます。自分が意味あると思った仕訳をして欲しいものです。

記事にはどんなタグを入れるか?

記事にはタグ設定ができます。
もちろんカテゴリーと同じキーワードを入れることもできますが、それよりも大事なことは、読者の利便性です。
このキーワードが入っている他の記事をみたいなというニーズに答えるのが本質的です。

あとは、専門性の高いキーワードを設定すると良いでしょう。
たとえば学術用語などは、検索している時点でかなりの知的好奇心をもったユーザです。

彼らは、検索結果ページでも深いところまで探すような人たちですので、大切にしておきたいものです。

常に抽象と具体のツリーを意識する

カテゴリー設定により、ブログ記事がツリー構造になります。
同じように、記事の目次化(h2タグ、h3タグ)が、また構造化になります。

検索エンジンは、このキーワードは、どこの記事リストにふさわしいのか、あるいは、どの記事のどこの部分にふさわしいのか、といったことを察知しようとしています。

記事リスト、そして記事内容、すべてを通して、キーワードのツリーがきちんと出来ているかどうかを意識しましょう。

ですので、表面上はSEOキーワードでカテゴリーを設定していても、実は、あなたのブログを思考のツリーに置き換えているという作業でもあるのです。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です