検索される記事の書き方は、本を書くのと似ている。

Pocket
LINEで送る

検索されやすい記事を書くには、良い記事を書くことに他なりません。
それはオリジリナリティがあって、よくまとまって、読者に「なるほど」と喜んでもらうような記事です。

ここでは、そういうつもりで、きちんと書いている人が前提で、お話をすすめます。

まず記事アイデアから

もともと書きたいアイデアがあれば、それを書きましょう。
アイデアがなければ、狙ったキーワードで検索して他の人の記事を探してみましょう。
自分は違った意見を持っているならば、それが記事アイデアです。

他の人が書いているものと同じようなものを書いても仕方がありません。
自分なりの切り口が思い浮かんだものだけ書くようにしましょう。

要旨を目次化してみる

1.AAAAAA
2.BBBBBB
3.CCCCCC
4.DDDDDD
5.EEEEEE
まとめ

というように箇条書きで書きたいこと羅列します。

ここは書けるところから埋めていきましょう。
書いていくうちに「まとめ」の内容も変わるかもしれません。

「まとめ」が先にあるのならば、まとめを書いてから、目次を決めていきましょう。

この目次をh2タグで埋め込むことにより、記事が構造化されます。

つまりGoogleにもどんな記事なのかアウトラインを教えることになります。

タイトルについて

狙った検索キーワードで構成される文章を組み立てましょう。
いちばんオススメなのは、その記事の「まとめ」の要約です。

「数字を出す」「不安を煽る」「7つの方法」など、
いろいろなキャッチコピーの書き方がありますが、それは改善の時にやればいいと思います。

というのも、先にこのような鮮烈なコピーはすでに出回っています。
そのタイトルの割に、中身が意外に当たり前のことが多いのも事実。

いかに釣るのではなく、いかに「なるほど」と思っていただくのが、次のリスト集めにつながります。

オオカミ少年になるよりは、誠実の方がいいのです。

「まとめ」の要約がタイトルにあるのならば、その論拠を読みたいという読者がやってきます。
検索ユーザもなるべくミスクリックしたくないわけですから、WIN-WINです。

ディスクリプションについて

検索エンジンの「抜き出し文章」は「ディスクリプション」で設定します。
たいていは出だしの文章が採用されますので、出だしの文章に気合をいれます。

別途設定するのであれば、検索ユーザ向けの文章をこしらえましょう。

平文も構造化を

各目次の文章も、さらに目次をつくることができます。
それは、h3タグを使って「見出し化」ができます。

こうすることで、各目次の中にも何が書かれているかがGoogleに伝わることになります。
つまり、検索されやすいというわけです。

まとめ

まず目次を作ると、全体の記事構成が見える化します。
それは、本の執筆のように目次を決めてから書くのと似ています。

これは検索エンジンにとっても、どんな記事なのかを把握するのに好都合なのです。

そして目次にそって文章を書くことで、支離滅裂な文章になることを防ぎ、読者にも支持されることになります。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

報酬を得ながらライティングスキルを上げましょう

 

ライティング案件をメルマガでご案内いたします。
読者登録特典として、「SEOライティングのポイント」の無料PDFを配布するほか、ライティングのコツについてもメルマガでフォローいたします。

 

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です