究極のGoogle対策とは?

moss-1472733_960_720
Pocket
LINEで送る

私のところには、さまざまなメルマガが届いているんですが、今日はこの件名のメールが来て、思わず全部読んでしまいました。

良い情報であれば受け入れられる

 

特に登録した記憶はないのですが、いい情報はいいものとして摂取し、それを友と分かち合うのが、情報コンテンツとの付き合い方だと思います。
逆に言えば、その人にとって良い情報であれば、究極的にはパーミッションをとらなくても受け入れられるものなんだなとも実感した瞬間でした。
チラシのポスティングもそうですよね。マンションのちらしは、必ず目を通すという主婦は少なからずいるから広告商材として成立してるわけですね。
初期のインスタグラムだってLINEだって、あの会員の集め方はスパムまがいな強引な手法だったよななんて、懐かしい思い出であります。
サービスに自信があれば、ストリートナンパ風な会員の集め方でもいいのですよ。
あ、話が脱線しました。今日は「究極のGoogle対策」のお話ですね。

 

プラットフォームのルールに従う

私は、「あるプラットフォームに乗っかるには、そのプラットフォームの志(ビジョン)に寄り添え」と提唱しています。

 

例えば、iPhoneアプリは課金コンテンツ志向が強いのに対し、アンドロイドアプリは情報は無料でという志向が強いように思います。
それは前者が音楽コンテンツからはじまっていて、後者が広告ビジネスからはじまっているので、思想的な偏りがあるようです。

 

究極のGoogle対策とは

 

また脱線しそうなので、結論を急ぎますと、
「究極のGoogle対策」とは「Google先生の気持ちを考える」ということでした。

 

先生の気持ちは、ミッションステートメントに代弁されています。

 

それは、「世界中の情報を整理し、 世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」 ということです。
で、実際どんな感じでイケばイケるのかというと、

1.信頼できて
2.オリジナル記事で
3.よくまとめられていて
4.読みやすいサイト

と、このメルマガ作者は述べています。

 

「I think so、I agree with you」って感じですよね。

郷に行っては郷に従えという話でした。

 

この原則は、アマゾンの出品との楽天の出品でもきちんと分けて考えた方がいいでしょうし、ラインスタンプだろうと、エアービアンドビーだろうと、胴元の考えに従いなさいということになります。

 

自分が胴元だった場合を想定してみる

では、自分が胴元の場合どうするか。

 

きちんとミッションを伝え、利用者にそれを守ってもらう。

 

これに尽きます。

 

法律の無い国家は乱れます。
首長が舛添要一だったら降ろされますってことでもあります。

 

独裁者でありながら、襟元は正そうねということです。

 

ビジョンとはお客さんに対するルールでもある。

自分は胴元ビジネスじゃないから関係ないよという方もいるかもしれません

 


でも、ミッションステートメントがきちんと伝われば、本来来てほしくないお客さんが離れて、来て欲しいお客さんが来て、サービスの質が向上します。

 
かつて開発受託の仕事をしていたとき、うるさくてケチで、納品条件をしっかりしない、業界でも悪名の高いBという企業がありました。

 
どこの受託会社も、彼らと仕事をすると、彼らにエース級のエンジニアのリソースがとられ、いいお客さんに当てるはずのリソースが飛ぶという現象がおきました。

 
このように悪いお客さんが、サービス全体のクオリティを落とすことがないよう、「志(ビジョン)を持ち、ミッションを周囲に理解していただく」というのは大事なんだなと思った次第です。

 
「究極のGoogle対策」から話が脱線しまくりましたので、この辺で失礼します。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

報酬を得ながらライティングスキルを上げましょう

 

ライティング案件をメルマガでご案内いたします。
読者登録特典として、「SEOライティングのポイント」の無料PDFを配布するほか、ライティングのコツについてもメルマガでフォローいたします。

 

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*