【無料】秘伝の検索される記事作成テンプレートと集客導線設計シートを差し上げます。

Pocket
LINEで送る

検索される記事を書いて、リスト収集に有効な無料オファーを用意して、きちんとステップメールでフォローして、顧客の欲しいフロントを提示し、満を持して本命商品をご提示するという、メイクマジックな設計シートを差し上げます。

検索される記事の書き方がわかります。

 

検索される記事を書くには、想定キーワードを狙いわける必要があります。
ぶれない記事をかくためには、想定キーワードの「1セットに対して1記事」が基本です。

 

SEOキーワードの探し方がわかる

 

SEOキーワードの探し方としては、こんなところから始めるとよいでしょう。

1.自社サービスの構成要素をあげる
2.自社のアピールポイント(競合を参考に)
3.想定ターゲット、想定課題

 

想定キーワードは「ビッグワードとスモールワールド」の2語セットからはじめるわけですが、注意点やコツがいろいろあります。

 

そのひとつは、お客様用語(検索ユーザが使う言葉)であることです。
例えばマーケティングノウハウが欲しくて「顧客」と検索するユーザは、「お客様」とは検索しません。

 

サジェストワードの探し方がわかる

 

想定キーワードを定めたら、あと1つキーワードを足すとしたら何が来るんだろうというヒントを探ります。
サジェストワードが下記のツールでなんとかなります。

1.キーワードプランナー
2.Googleサジェストキーワード一括DL
3.goodkeyword

 

しかし、いたずらにツールを使うと本当は不要なサジェストワードも拾ってしまうわけです。
こういうときに大事な作業が、真の検索ニーズを別アプローチで探してみるということです。

そう、サジェストワードを調査する目的は、検索ニーズを多面的視点から捉えることにあるのです。

 

記事タイトルの書き方がうまくなる

 

一般論的には、全角32文字でありったけなアピールをせよというのが鉄則です。
他の検索上位コンテンツの最大公約数化をはかるというのがポイントですが、これにも色々とコツや注意点があります。

 

序文の書き方がうまくなる

 

たった3行で、記事を最後まで読ませるための期待値ボリュームをマックスにするのが狙いです。
そのためには心理誘導テクニックが必要です。

どうやったら興味喚起をして、直帰を防ぐことができるのか、全ては書き出し文にかかっています。

 

目次の作り方がわかる

 

まず、想定検索ユーザが、不要なコンテンツを置かないことが重要です。
自分には関係ないコンテンツがあったり、ニーズの粒度(具体的ニーズ度)が違うと自分には関係ない記事だと思われ途中で読む気がなくなります。

 

たとえば、「集客 ブログ」で検索するユーザに、「そもそも集客とは」「ブログとは」といったコンテンツは不要です。

 

この勘違いが非常に多いのです。

 

情報コンテンツの重要なポイントは、大人も悩む問題を小学4年生にも伝わるわかりやすさです。
子供レベルの薄いコンテンツは欲しがりません。

 

TPPを分かりやすく伝える池上彰を目指さなくてはならないのに、
いないないばあのワンワンがしゃべるような内容しか話していないのが残念なところです。

というわけで、どんなコンテンツを用意しているかは、目次を見れば一発でわかります。

 

じゃあ、目次がなければいいのか?

「あなたは目次の無い本を買いますか?」

といわれてみれば自明なことかと思います。

 

また、目次があれば論点がぶれずに書くことができ、きちんと検索ユーザを集客の軌道にのせることができます。

 

まとめの文章で重要なミスを防ぐことができる

 

まとめの段階で、あなたのサービスの何かに興味を喚起できていなかったら、あなたの努力は水の泡です。
ブログ記事はリストを採れてナンボなのです。

 

一次的満足を満たしたあとは、新たな興味づけをしなくてはなりません。

そこで「情報の枯渇」を活用するわけですね。

 

オファー内容は記事とマッチしているかをチェックできる

 

そもそもその記事は、どんなリストをとって、どんな本命商品を提示したいのでしょうか?

そのためにどんなオファーを用意すればいいのでしょうか?

これについては、集客導線設計シートを使います。

羅針盤が無くては航海できません。

闇雲にブログを書いて後悔したくなければ、集客導線をきっちりと設計しましょう。

 

集客導線設計シートを活用するメリットとは?

 

今回は「無料オファー(無料PDF)を基軸にリスト収集」というシナリオでブログ記事&ステップメール記事のコンテンツ設計をしていきます。

 

本命商品につながる無料PDFの作り方

無料PDFに誘導するブログ記事の書き方

無料PDF取得者に対するステップメールの書き方

 

こういった内容を、秘伝のテンプレート取得者にはメールでフォロー伝授していきます。

2つのテンプレートを活用してみて、はじめて、フロントやバックエンドの見直しの是非もわかります。

 

本命商品やフロント商品が決まらないと、ブログやPDFやステップメールは作れないわけですが、その逆もあるわけです。

 

でも、集客コンテンツの見直しと、商品サービスの見直しで行ったり来たりすることで、あなたのサービスは着実に良いものになります。

 

「良いもの」とは、顧客のニーズにマッチした、クオリティの高いサービスということです。

 

商品を見直さずに「集まる集客」のノウハウなんかありませんからね。

 

検索される記事作成テンプレート・集客導線設計シート

 

「想定したキーワードで検索される記事を書くため」

そして、

「アクセスしてくれた方をきちんと集客導線に乗せるため」

 

秘伝のペラ一枚のシートを2つ、こっそりおすそ分けいたします。

 

これは半自動集客エキスパートが、セミナーやコンサル、ディレクションの現場で活用している魔法のシートです。

 

これがあれば目的がブレることはありません。

 

事前に方向性を決める集客コンテンツの設計書であり、あとでレビューするためのチェックシートでもあります。

 

いきあたりばったりの集客やブログ更新をやめて、もっと建設的にやりたい方は、ぜひお手にとってください。

 

複数人で共同作業をするときにも役立ちます。

 

秘伝のノウハウ記事作成テンプレートと集客導線設計シートを差し上げます。

プレゼントフォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です