ブログ添削

意外に知られていないブログ記事の効率的な使い方。

201212091604573d3

せっかくコストをかけて書いている記事ですから、あとは検索エンジン頼みというのは勿体無い話です。
であるならば、二次利用を考えてコンテンツを作成した方がいいでしょう。

お客さんに記事をシェアする

お客さんからメールで質問を受けたとします。
個別対応の返答以外に、「こんな記事も参考になりますよ」と記事URL添えるような使い方です。

同じことをわざわざ書かなくても済みますし、読んだ方がシェアしてくれたらアクセスも稼げます。

あとは、お客さんとの話のなかで「なるほど」というリアクションがあったときの、それがニーズのあるコンテンツです。
同じように別のお客さんも「なるほど」と有り難がることでしょう。

メルマガ読者に記事をシェアする

メルマガもまた、情報の送りっぱなしではもったいないです。

ブログと同じで、「ありがとう」で日常に帰らしてはいけないのです。

とはいえ、申込は難しいですよね。

だったら、人気記事のURLとか関連記事のURLを添えてみましょう。

コメント欄にて記事をシェアする

フェイスブックのコミュニティのウォールや、話題になっている掲示板のコメント欄への記事シェアです。
あくまでも、もりあがっている時に、「ぜひ参考に!」といえるものでなくてはなりません。

とはいえ、なかなかそのタイミングは難しいので、しかるべきコミュニティに属するべきでしょう。

コメント欄といえば、他の方のブログにコメントを残すというのもありますね。
また知恵袋の質問への回答というのもあります。

これもまた、当事者に参考になったときにはじめてワークします。

まとめ

場当たり的に記事を書くよりも、上記の場面に遭遇したら、記事にして書いて、それをシェアしてみましょう。

すでにその情報を欲している人が、すぐそこに居ますので確実にその情報は届きますし、その記事の評価もわかります。

そこで、すごく感謝されたのであれば、記事をもっと充実させることで、検索エンジンからの流入が期待できます。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

集客の上手な人の共通点は、自分の強みがわかっていること。

machu-pichu-540145_960_720

集客がうまくいくには豊富なリストが必要です。
そのリスト集めがうまい人はどういう人なのか、まとめてみました。

自分の強みがわかる

集客のうまい人は、同業の他の人に比べて強いところを強くアピールします。
メルマガ登録にせよ、サービス申込にせよ、見込み客への「期待値」を高める必要があります。
ですので、適切なポジショニングとセルフブランディングをとることになります。

「この人は、この分野に強いんだなあ」というのは、その文章を見ればわかります。

というのは読者の立場なのですが、逆に言えば、「この分野に強い」と思わせる文章をかけばいいことになります。

もちろん嘘はどこかでばれますが、折角、書くのならば、自分が他者と比べて強い分野に絞るべきでしょう。

※この絞り方は間口を狭めろということではありません、勝負どころをソコにするのです。

好きだからますます調べて学ぶ

集客の上手い人は、気分は「ちょっと盛り気味」です。
これは同業の人を見ればよくわかりますよね。

筆者でいえば、WEB集客をやっている他者です。
自分の実力アピールを、盛れば盛るほど、検索順位があがるんじゃないかぐらいの勢いです。

ただ、それは自分をある意味、追い込んでいます。

その分野に強いからこそ、日頃からの学習量が半端ないと思います。

というか、好きだからインプットとアウトプットが苦にならないようです。

専門性の高い記事がかける

ニーズのありそうなキーワードでの記事はありふれています。
SEO業者の仕込んだ記事、アフィリエイターやブロガーの仕込んだ記事、ネット事業者がライターに依頼した記事など。

所詮、個人事業主がどんなに頑張っていても、上記の人たちの記事に埋もれてしまいます。

ただ、真剣に悩んでいる人、真剣に検討している人は、彼らの記事だけでは満足しません。
もちろん満足する人はいます。そういう方はそもそも、あなたのサービスに来るお客さんではありません。

あなたのサービスに来るお客さんは、彼らの記事を参考にしながらも、求めるいるポイントで専門性の高い人を探しているわけですね。

一般の人にとってはすごくタメになる記事にもなる

集客の人は池上彰のような人です。

小学校4年生でも理解できる文章を書きます。

それでいて、専門性を匂わせます。林修のような感じです。

ごくごく一般的な話題から、自分の専門領域にもっていくのがうまいです。

人は専門性を高めると、その専門領域のコミュニティの中で勝とうとします。

でもお客さんにとってはどうでもいいんですよね。

たまたま出会ったあなたが、今までで一番だと思われるかどうなのですから。

したがって、集客の上手い人は、ずっと素人や初心者を追いかけています。

※お客さんに説明したことを記事化するというのも大事な仕事です。

ファンになり読者登録

集客のうまいひとは、読んでかえらせません。

必ずリスト獲得にひもづけます。だから無駄な投稿もしません。

かといって、コンビニの週刊誌のように、立ち読み禁止もしません。

彼らは、読者登録は確率論とわきまえています。

だから、その逆算で、どれくらいの人が訪れればいいかを計算します。

リストがとれたからといって、それもまた、お客さんになるのは確率論ですから、
それくらいのリストが貯まっていればいいのかを計算しています。

そのときに、少しでもその確率をあげるのは、「自分の強みのアピール」となります。

まとめ

集客上手の人たちは、日頃から調べて専門性の高い記事を書き、一般の人にも参考になって、読者登録をうながす、という一連の行動を繰り返していました。

 

「自分の強みのアピールが、無駄な読者をつけ、お客にもならない人へのボランティアとなっている。」
と考えるのは集客の下手な人の考え方です。

 

それを理由に専門性を強める学習やわかりやすい説明の仕方がおろそかになると、ますます集客下手になります。

 

 

市場開拓には、啓蒙も必要ですし、最初に手をつけたお客さんが優良顧客になりえます。
集客上手な人は専門性を鍛えつつも、実は素人に目を向いていたのです。

 

目の超えたお客さんは、そう簡単にメルマガに登録しませんからね。

 

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

注意。サーバのゴミになりがちなブログ記事のパターン分析。

14600834_1093759164065037_3884591295088852302_n

「また、無駄な記事を書いてしまった」とならないように、気をつけることをまとめてみました。
Googleにクロールされても読者がやってこないという「宇宙のモクズ」にならないようにしましょう。

新規性のないスカスカ記事

「なるほど、そういうことか」という情報を求めて検索ユーザはやってきます。

執筆者は読者のためにわかりやすく書いたつもりでも、
読者は「そんなことあんたに言われなくてもわかっているよ」ということが非常に多いのです。

なぜなら、検索ユーザは、他の記事で一般知識をすでに身につけているからです。

オリジナルな意見や発想、賛否両論をまきおこす論点など、
真剣に勉強したひと、経験が豊富なひとではないと、そのようなコンテンツはかけません。

共有もされないポエム記事

書いている人は、すこし自分の酔っているのでしょうが、
仕事(集客)においては、検索もされないし、共有もされることはありません。

タイトルがポエムな匂いをしている瞬間にクリックしたくないですし、
読んだところで、業者としてのあなたにお客さんからの共感を得ることはないからです。

それはそれでラッキーです。
サービス提供者は堂々と立ち振る舞うものです。

頼りない感じがする時点で、お客さんが逃げてしまいますので、
読まれないでよかったということになります。

自分の専門領域に閉じた記事

あなたのサービスは、お客さんの目的に対しての手段の1つです。
お客さんはあらゆる手段からあなたのサービスを選ぶことになります。

したがって、自分の専門領域だけのことを論じると、お客さんの判断根拠を与えられないことになります。

競合になりうるサービスとの共通点や相違点を肯定的に書くことで、他のジャンルのユーザも惹きつけることができます。

自分の専門領域がマニアック過ぎるのであれば、そのキーワード以外のところでひっぱる必要があります。

目的が不明瞭な記事

いったいこの記事は何が言いたかったんだろうという記事があります。
ポエムや、用語説明で終わったり、論点が複数あって散漫になっていたりします。

ですので、まずは、仮タイトルと見出しをつくり、穴埋めするように文章を書いてみます。
最後に、まとめをつくり、そして序文をつくります。

まとめでは、今回伝えたかったことをまとめるわけですから、タイトル案の再考につながります。
そして、序文では、ターゲットとシチュエーション、課題などが前提条件として出てきます。

そのうえで、バシっとくるタイトルを、少なくとも検索用語3つを入れて決めます。

こういうことをすると、読者に一定の満足体験を与えることができます。

内容が良くてもリストがとれなければ意味がない

検索ユーザは、何かを解決したいとおもって情報をあさりに来ます。

それはそれで、解決してあげなければならないのが1次解決だとするならば、
あらたに興味喚起をして、メール講座に登録してもらわないと、単なる無駄な作業となります。

1次解決にもならないのはどうしようもないですが、1次解決で「ありがと」で終わることはなんとか阻止しなくてはなりません。

そのためには、

「他にもこういうことがあるよ、でもそれはメール講座でお話するね」

という誘導をしておくことがポイントです。

つまり、記事を書く時点で、「何を解決して、何を新たに興味喚起をするか」ということを考えておかなくてはなりません。

まとめ

検索されて共有される記事を書くには、お客さんの真の目的に寄り添いつつ、
独自の見解を発信しなくてはならず、そのためには日頃のインプットとアウトプットが重要となります。

そして、「集客」というビジネスプロセスに落とし込むには、記事に必ず新しい興味付けが重要で、それをリスト取りに活用していく必要があります。

ブログというと、「隙間時間にやるものだ」となめてかかる人が多いですが、
「重要な仕事」と思ってとりかからないと、必ず失敗します。

失敗しないための工夫として、ブログを真剣にやりあっている人同士で監視、アドバイスし合うというやり方があります。
ただし、その相手のスキルがなければ、切磋琢磨とはいえ、なかなか数字にすることは難しいでしょう。

こういう仲間が見つからない人向けに「ブログ集客デイリーサポート」をご用意しております。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

報酬を得ながらライティングスキルを上げましょう

 

ライティング案件をメルマガでご案内いたします。
読者登録特典として、「SEOライティングのポイント」の無料PDFを配布するほか、ライティングのコツについてもメルマガでフォローいたします。

 

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

検索される記事の書き方は、本を書くのと似ている。

sushi-621433_960_720

検索されやすい記事を書くには、良い記事を書くことに他なりません。
それはオリジリナリティがあって、よくまとまって、読者に「なるほど」と喜んでもらうような記事です。

ここでは、そういうつもりで、きちんと書いている人が前提で、お話をすすめます。

まず記事アイデアから

もともと書きたいアイデアがあれば、それを書きましょう。
アイデアがなければ、狙ったキーワードで検索して他の人の記事を探してみましょう。
自分は違った意見を持っているならば、それが記事アイデアです。

他の人が書いているものと同じようなものを書いても仕方がありません。
自分なりの切り口が思い浮かんだものだけ書くようにしましょう。

要旨を目次化してみる

1.AAAAAA
2.BBBBBB
3.CCCCCC
4.DDDDDD
5.EEEEEE
まとめ

というように箇条書きで書きたいこと羅列します。

ここは書けるところから埋めていきましょう。
書いていくうちに「まとめ」の内容も変わるかもしれません。

「まとめ」が先にあるのならば、まとめを書いてから、目次を決めていきましょう。

この目次をh2タグで埋め込むことにより、記事が構造化されます。

つまりGoogleにもどんな記事なのかアウトラインを教えることになります。

タイトルについて

狙った検索キーワードで構成される文章を組み立てましょう。
いちばんオススメなのは、その記事の「まとめ」の要約です。

「数字を出す」「不安を煽る」「7つの方法」など、
いろいろなキャッチコピーの書き方がありますが、それは改善の時にやればいいと思います。

というのも、先にこのような鮮烈なコピーはすでに出回っています。
そのタイトルの割に、中身が意外に当たり前のことが多いのも事実。

いかに釣るのではなく、いかに「なるほど」と思っていただくのが、次のリスト集めにつながります。

オオカミ少年になるよりは、誠実の方がいいのです。

「まとめ」の要約がタイトルにあるのならば、その論拠を読みたいという読者がやってきます。
検索ユーザもなるべくミスクリックしたくないわけですから、WIN-WINです。

ディスクリプションについて

検索エンジンの「抜き出し文章」は「ディスクリプション」で設定します。
たいていは出だしの文章が採用されますので、出だしの文章に気合をいれます。

別途設定するのであれば、検索ユーザ向けの文章をこしらえましょう。

平文も構造化を

各目次の文章も、さらに目次をつくることができます。
それは、h3タグを使って「見出し化」ができます。

こうすることで、各目次の中にも何が書かれているかがGoogleに伝わることになります。
つまり、検索されやすいというわけです。

まとめ

まず目次を作ると、全体の記事構成が見える化します。
それは、本の執筆のように目次を決めてから書くのと似ています。

これは検索エンジンにとっても、どんな記事なのかを把握するのに好都合なのです。

そして目次にそって文章を書くことで、支離滅裂な文章になることを防ぎ、読者にも支持されることになります。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

報酬を得ながらライティングスキルを上げましょう

 

ライティング案件をメルマガでご案内いたします。
読者登録特典として、「SEOライティングのポイント」の無料PDFを配布するほか、ライティングのコツについてもメルマガでフォローいたします。

 

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール