検索順位を上げる為にまずやるべき日々のタスクフローと基本的な考え方

「これやったら検索順位はあがりますか?」って聞きたがる人は多いです。 世の中、こんなに不確実なものばかりなのに、なぜかSEOだけには答えがあると思っちゃうみたいですね。

パチンコにたとえると見えてくる。

 

 

「世の中に絶対なものはあると思いますか?」と聞かれたら、どう答えますでしょうか?

 
正義、愛、お金、平和。

 

みんな怪しいですね。
世の中、探してもなかなか見つからないです。

 

そこで、よく勘違いされるのですが、SEOも絶対なものではありません。
そりゃそうですよね。

 

でも、「これやったら検索順位はあがりますか?」って聞きたがる人は実に多いです。

 

世の中、こんなに不確実なものばかりなのに、なぜかSEOだけには答えがあると思っちゃうみたいです。

 

 

相対評価のランキングに「絶対」は無い

そもそも、検索結果は、そのキーワードに対してのページの相対評価としてのランキング順位です。

 
ぐるなびと違って金出せば、上位固定ってことではありません。

 

競合ページが強ければ、ちょっとのことでは動かないし、ガラ空きゾーンであれば、さくっと1位をとれます。

 
やってみないとわからない「出たとこ勝負」なところがあるのです。

 

それでは、パチンコにたとえてみましょう。

 
あと1万円ぶっこめば当たる台が、SEOが難しいキーワードの施策。
あと千円ぶっこめば当たる台が、SEOが易しいキーワードの施策。

 
ここで、「とりあえず900円試しましょう」というのが、失敗体験しかのこらない、お手上げのひとです。

 
この900円ぐらいの努力しかしていないひとが、半ば被害妄想的に「どうやったら順位あがるんですか?」とか、「何が正解何ですか?」って聞くわけです。ほんとお手上げです。

 

一組の弱小ワードぐらいは簡単にあげられるわけだから、当てるまでやってみればいいのです。そもそも「出たとこ勝負」なのに、それすらケチったら何もわかりません。

 

 

当たり前になった手法の落とし穴

「出たとこ勝負」を何回も続けると、「あ、これが勝ちパターンか」みたいなのがわかります。

 
金を掘り当てるような作業ですので、当たった時は嬉しいです。

 

でも、また翌年、同じチャンスで当たっても、それは当たり前のことすぎて、あんまり嬉しくありません。

 

「これやったら検索順位はあがりますか?」って暢気なことをいう人は、当たり前になったあとに慣れているので、正解をすぐに求めたがるわけです。

 

でも、当たり前のマーケティングだけだと、数字が伸びないので、当たり前じゃないことが求められます。

 

議論するよりも早く手を打て

そんな時は、「当たるかどうか」を議論するよりも、とっとと新しい施策をやった方が早いです。

 
そして結果を出したら、「これをやってみたら、こういう数字が出たので、あっちに関しても同様な施策を打ってみましょう」と提案すれば「やるべきこと」が増えます。

 

あまり予算のかからないのがSEOです。記事書いて、ちょっとしたフォームを作成すればいいのです。

 
要は考える時間だけかけて何もしないか、考える時間は最小にして手をうごかすかの違いでしかありません。

 

後者の場合、アウトプットに動いているから、たくさんのキーワード検索をしてたくさんのウェブサイトを見ているので、それがまた、ノウハウにはねかえります。

 

例えば、競合がこのタイミングでこうやっているのには意味がある。だったらウチもやってみましょうと。

 

まずはTTP。相手の施策を徹底的にパクる。「てっていてきにパクる」の略です。

 
そのあとはCKP。ちょっとだけ変えてパクる。

 
そしたら、自分たちのオリジナルな施策となり、その手法がライバルにばれるまで効果的にマーケティングができます。

 

日頃やるべき作業とは?

 

1.競合の動きを見る
2.自社サイトでどんなコンテンツがPV稼いでいるか見る
3.色々なキーワード検索をしてインターネットを徘徊する。
4.そのサービス周辺での時期的なイベントを確認する

 
こんなことをやっていると、「これやってみようかな」というアイデアが浮かびます。

 
で、早速アウトプット作業にうつります。

 

そうすると結局のところ

 

1.競合の動きを見る
3.色々なキーワード検索をしてインターネットを徘徊する。

 

は、ずっとまわしていることになります。

 

そして、素早く施策をして、こんどはその施策があたったのか調べます。

 

5.PVはどれだけきたか、コンバージョンはいくらだったか?
6.広告はどれだけはけたか?獲得単価はいくらだったか?
7.狙ったキーワードで、何位になってるか確認する。

 

2については時期によってクリック単価も違うので、それも肌感覚で覚えます。

 
イベント時期にはキーワード広告の単価が暴落することもあります。

 
正確にいうと、自分が設定した上限単価で、大漁のクリックがはけるということがよくあります。

 

こうやって日々高速でまわしているから、

 

2.自社サイトでどんなコンテンツがPV稼いでいるか見る

 

も、やっていることになります。

 

 

で、成功したら、次はこの方程式を何のイベントでぶつけてみようかと思うから、

 

4.そのサービス周辺での時期的なイベントを確認する

 

もやって、

 
3.いろんなキーワード検索をしてインターネットを徘徊する。

 

も、やるわけです。

 

もう、わけわかんなくなりましたね。

 
だから、日々、全部やってることになります。
新しい施策を打ちながら、前回やった施策のレビューをしている。

 
1日でだいたい当たりか外れかの結果がでるので、ほぼ毎日これの繰り返しになります。

 

 

まとめ

 

改めてもう一度、マーケッターのタスクをふりかえります。

 
1.競合を調べる
2.アクセスを調べる
3.キーワード検索で徘徊する
4.イベントスケジュールを確認する
5.施策ページのPVとコンバージョンを調べる
6.広告効果を調べる
7.狙ったキーワードで何位か調べる

 

こういう毎日のなかで、「これやったらSEOあがりますかね?」と聞かれたら、

「まずやってみましょう」と手をうごかし、

 

「このページどうやったら、アクセスあがりますかね?」と聞かれたら、

「これやってみたら、こういう数字でましたよ」と返すわけです。

 

どうやるかを議論する時間なんかないです。
「思い立ったらやってみる」しかないんです。

 

 

釣り糸に餌ぶら下げて、「どうやったら釣れますかね?」て聞く人には、 「はやくその釣り糸を海にほうりこみなよ」と言いましょう。

 

やった後でふりかえればいいのです。
減りやしないんだから、やっちゃえばいいのです。

 

考えなくても手を動かせば、出るものは出てきます。

【30日の特訓】ブログ集客デイリーサポート

半自動集客のエキスパートが、あなたのブログ集客をメールサポートします。
毎日の課題、記事の添削、質問を通して、ブログのアクセス向上とリスト獲得の仕組みを作り上げます。今まで誰も教えてくれなかった事を、ズバリおしえます!

報酬を得ながらライティングスキルを上げましょう

 

ライティング案件をメルマガでご案内いたします。
読者登録特典として、「SEOライティングのポイント」の無料PDFを配布するほか、ライティングのコツについてもメルマガでフォローいたします。

 

【1記事5000円〜】報酬を貰いながらSEOライティングの圧倒的なスキルアップをする方法

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

初心者でもSEO対策で上位を狙う基本知識と考え方。競合調査の方法も!

ウェブサービスを企画するにあたって一番最初に考えないといけないのは集客です。
そしてその集客とは「いかに検索されるか」「いかに共有されるか」のどちらかでしかありえません。

月間ユニークユーザを100万人にさせるには、「いくつの記事を用意したらいいのだろう?」とか、
「どれくらいの固有名詞を扱えばいいのだろう?」といったことを考えることになります。

そういうときは、競合調査の旅に出ることをオススメします。

“初心者でもSEO対策で上位を狙う基本知識と考え方。競合調査の方法も!” の続きを読む